腰痛の悩みに北上市の接骨院【フェイス接骨院】|症状一覧:足の痛み

症状一覧

足の痛み記事一覧

長母趾伸筋腱損傷(炎)
2017年05月14日
長母趾伸筋腱は脛(すね)の中央部あたりから足趾の母趾にかけて伸びている筋(筋→腱)で、母趾を反らす際に強く使われます。 つま先立ちなどの動作がそれにあたります。   スポーツ活動中に、つま先立ち状態で強い負荷がかかった際に伸筋腱の収縮力や蹴りだすような屈筋群の収縮力と、地面の硬...
この記事を読む
短腓骨筋腱付着部炎
2016年09月11日
足の外側、特に小指の骨の出っ張り付近に起こる痛みです。 これは、足の第5足趾に短腓骨筋という筋肉が付着していますが、この付着部で炎症が起きるためです。   走り過ぎやシューズが合わない、常に足の外側に荷重をかけているなどの原因により発症するといわれています。 足を着けないほどの激痛を伴う...
この記事を読む
シーヴァー病(セーバー病)
2016年07月18日
かかと(隆起部)の痛みが主訴です。 8~12歳の男子に多く、素足でおこなうスポーツ(体操・剣道)やサッカーなどの長時間の走行をやりすぎることにより発症します。 最近では女子でも見られるようになった為、小学校高学年の障害と考えた方がいいようです。   踵(かかと)の骨化は、男子で10~11...
この記事を読む
足関節捻挫
2016年06月21日
スポーツ外傷の中で一番多いとされているケガが足関節捻挫です。 多くの場合、内返し捻挫と言われる形態をとります。 足関節捻挫において、一番多い損傷部は前距腓靭帯と呼ばれる部分で、足の外くるぶし(腓骨外果)の前下方にあります。 踵腓靭帯、後距腓靭帯と続きます。     又、発生の...
この記事を読む
足底腱膜(筋膜)炎
2016年06月19日
土踏まず(アーチ)はランニングやジャンプの際の衝撃吸収と蹴りだしに作用していますが、使いすぎにより炎症を起こします。 運動痛や圧痛が主訴となります。 足の母指球のやや土踏まずよりや踵近くの圧痛があります。 偏平足やハイアーチの足、ふくらはぎの柔軟性欠如や疲労など原因は様々です。 テーピングによるア...
この記事を読む

フェイス接骨院 TEL 0197-72-5893 メールフォームはこちら

症状

INFORMATION

フェイス接骨院
〒024-0333
岩手県北上市和賀町長沼5-324-1
北上市の【フェイス接骨院】は、痛みを取り除く施術をモットーとする接骨院です。原因に対して適切なアプローチをしていき、早期復帰を目指します。腰痛やスポーツ外傷などでお悩みの方はぜひご来院ください。

<受付時間>
午前  9:00~11:00
午後 15:00~20:00
※土曜は18時、日曜は17時までの受付となります。

<定休日>
木曜、祝日

※当日18時までにご連絡頂ければ時間外でも対応いたします。(土曜は17時まで、日曜は16時までにご連絡ください)

  • TEL 0197-72-5893
  • メールフォームはこちら

LINK

ページの先頭へ