腰痛・スポーツ外傷 除痛施術のことなら北上市【フェイス接骨院】|症状詳細

症状詳細

足関節捻挫

2016年06月21日

スポーツ外傷の中で一番多いとされているケガが足関節捻挫です。

多くの場合、内返し捻挫と言われる形態をとります。

足関節捻挫において、一番多い損傷部は前距腓靭帯と呼ばれる部分で、足の外くるぶし(腓骨外果)の前下方にあります。

踵腓靭帯、後距腓靭帯と続きます。

 

c12.jpg

 

又、発生の状況から(内返し)、下腿のちょうど横にある腓骨筋の腱が引っ張られて損傷する場合もあります。

外くるぶし(外果)の成長線閉鎖は18歳前後の為、足関節捻挫に合併して外果部の骨折をする場合もあります。

 

足関節捻挫を受傷した際は、速やかにRICE処置を行って下さい。

程度にもよりますが、足関節捻挫は3日程度のしっかりとした固定を施さなくては足関節の不安定性という後遺症を招く恐れがあります。

弾性包帯と湿布という簡単な処置では足りません。

back

フェイス接骨院 TEL 0197-72-5893 メールフォームはこちら

症状

INFORMATION

フェイス接骨院
〒024-0333
岩手県北上市和賀町長沼5-324-1
北上市の【フェイス接骨院】は、痛みを取り除く施術をモットーとする接骨院です。原因に対して適切なアプローチをしていき、早期復帰を目指します。腰痛やスポーツ外傷などでお悩みの方はぜひご来院ください。

<受付時間>
午前  9:00~11:00
午後 15:00~20:00
※土曜は18時、日曜は17時までの受付となります。

<定休日>
木曜、祝日

※当日18時までにご連絡頂ければ時間外でも対応いたします。(土曜は17時まで、日曜は16時までにご連絡ください)

  • TEL 0197-72-5893
  • メールフォームはこちら

LINK

  • いいもり治療院
    スポーツ外傷に実績を持つ鍼灸整骨院。
    治療に対し、ごまかしや妥協の無い先生です。

ページの先頭へ